臨床心理学本のおすすめ7選!初心者向けの入門書や資格を目指す人向けの本も

臨床心理学本のおすすめ

心の問題の症状や、心理療法について研究をする「臨床心理学」。ストレスで体調を崩したり、うつ病になったりする人も増えていることから、あらゆる場面で活用されています。

しかし臨床心理学の本には、初心者向けの入門書から難しい専門書まで、さまざまな種類があります。なかには臨床心理士を目指して、本を探している人もいるでしょう。

そこで今回は、臨床心理学本のおすすめをまとめてみました。心理カウンセラーが全冊購入して、それぞれの特徴を解説しています。

臨床心理学のおすすめ本を探すときには、ぜひここで紹介した内容を参考にしてみてください。

目次-クリックで該当箇所に移動-

臨床心理学本のおすすめの選び方

初心者にはイラストや図表のある入門書がおすすめ

臨床心理学の場合「症状や心理療法などの専門用語が多い」という特徴があります。またADHDやPTSDなど、英語もよく使われているので、難しいと感じるかもしれません。

そのため初心者には、イラストや図表でまとめられている入門書をおすすめします。具体的に理解しやすく、文字数も少なくなっているので読みやすいでしょう。

なかには見開きのページで、図解と解説が半々になっている臨床心理学本もありました。初心者向けにわかりやすく解説されているので、ぜひチェックしてみてください。

臨床心理学を勉強するなら教科書向けの本も

臨床心理学を学びたい人には、教科書向けのテキストが良いでしょう。内容が詳しくまとめられており、重要語句も目立つように書かれているので、しっかり勉強できます。

また巻末には索引があり、逆引きできるのもメリットのひとつです。人物名や専門用語を調べたいときには、とても便利だと思います。

ただしその分、サイズが大きくなりがちなので、持ち運びには向いていません。また掲載されている内容・データが古い臨床心理学本だと、役に立たないこともあります。

そのため初版がいつなのか、改訂版が出ているのか、事前に確認しておくと安心です。

著者が公認心理師・臨床心理士の本は参考になる

臨床心理学本を選ぶときには、著者情報を確認するのもおすすめです。大きく分けて、心理学者が書いている本と、公認心理師や臨床心理士が書いている本があります。

心理学者が著者の場合、基本的には専門用語を解説するような内容になっています。臨床心理学の歴史・人物なども学べるのが特徴です。

一方で公認心理師や臨床心理士が著者の場合、実際にその人が対応した事例や、臨床心理士としての働き方が紹介されていることもあります。

特に資格の取得を目指している人にとっては、参考になる内容でしょう。自分が公認心理師・臨床心理士になったときのことも、イメージしやすいと思います。

おすすめの臨床心理学本を紹介

眠れなくなるほど面白い 図解 臨床心理学

眠れなくなるほど面白い 図解 臨床心理学
監修湯汲 英史
出版社日本文芸社
ページ数128ページ
大きさ縦:21cm
横:15cm
厚さ:0.9cm
参考価格990円
読書時間の目安約1.5時間
本のおすすめポイント
  • それぞれの症状についてわかりやすく解説
  • 図解やイラストが多くて初心者も読みやすい
  • コラムでは具体的な事例も紹介されている

症状のことを中心にまとめた初心者向けの臨床心理学本

『眠れなくなるほど面白い 図解 臨床心理学』は、公益社団法人発達協会の常任理事である、湯汲英史先生が監修しています。

読んでみるとADHDやうつ病など、症状のことが中心にまとめられていました。それぞれ図解付きで、わかりやすく解説されているので、初心者でも読みやすいと思います。

またコラムでは、具体的な事例も紹介されていました。臨床心理学における有名な人物や、心理療法の解説などはありませんが、症状のことを知りたい人にはおすすめの臨床心理学本です。

面白いほどよくわかる!臨床心理学

面白いほどよくわかる!臨床心理学
著者下山 晴彦
出版社西東社
ページ数303ページ
大きさ縦:約18cm
横:約13cm
厚さ:約2cm
参考価格1,540円
読書時間の目安約4時間
本のおすすめポイント
  • 専門用語を丁寧に解説した臨床心理学本
  • 各テーマごとに図解があるのでわかりやすい
  • 臨床心理学の基礎知識を学びたい人向け

専門用語がイラスト付きでわかりやすい臨床心理学本

『面白いほどよくわかる!臨床心理学』は、心理療法やアセスメント・介入の進め方などを解説した臨床心理学本です。東京大学大学院の下山晴彦教授が監修しています。

すべてのテーマで、左ページが図解になっているのでわかりやすいと思いました。事例の紹介はほとんどなく、専門用語の解説がメインで、巻末には索引もあります。

そのため、臨床心理学という学問を勉強したい人向けの本でしょう。公認心理師ができる前の内容で、少し古い情報もありますが、基礎知識を学ぶのに役立つ一冊です。

完全カラー図解 よくわかる臨床心理学

完全カラー図解 よくわかる臨床心理学
著者岩壁 茂
出版社ナツメ社
ページ数240ページ
大きさ縦:21cm
横:14.8cm
厚さ:1.6cm
参考価格1,760円
読書時間の目安約3時間
本のおすすめポイント
  • フルカラーでイラスト・図解も多い
  • 臨床心理学の内容を整理できる
  • 資格の取得を目指している人にもおすすめ

臨床心理学を学ぶ姿勢・実践するときの心構えが参考になる

『完全カラー図解 よくわかる臨床心理学』は、お茶の水女子大学教授の岩壁茂教授が監修しています。フルカラーで解説されている臨床心理学です。

各ページにイラストや図解はありますが、専門用語も多いので、初心者には難しいかもしれません。どちらかというと、臨床心理学の知識がある人が読むことで、内容を整理できる本だと思います。

また心理療法を実践する際の考え方・進め方なども書かれているので参考になります。公認心理師や臨床心理士を目指している人にも、おすすめできる一冊です。

徹底図解 臨床心理学

徹底図解 臨床心理学
著者青木 紀久代
出版社新星出版社
ページ数223ページ
大きさ縦:21.1cm
横:14.8cm
厚さ:1.4cm
参考価格1,650円
読書時間の目安約4時間
本のおすすめポイント
  • イラストや図解が多くてわかりやすい
  • 心理療法について詳しく解説されている
  • 初心者にもおすすめの臨床心理学本

心理療法がわかりやすいフルカラーの臨床心理学本

『カラー版徹底図解 臨床心理学』は、フルカラーでまとめられている臨床心理学本です。表紙のリアルなフロイトが印象的ですが、本の中では可愛らしいイラストが使われています。

右ページにイラストや図解、左ページで解説という形式で、わかりやすいと思いました。特に心理療法については、やり方も詳しく説明されており、事例も紹介されています。

掲載されているデータは少し古いと感じましたが、基本的な知識・用語を勉強する分には問題ないでしょう。内容も読みやすく、初心者にもおすすめできる臨床心理学本です。

臨床心理士の仕事図鑑

臨床心理士の仕事図鑑
編集植田健太
山蔦圭輔
出版社中央経済社
ページ数136ページ
大きさ縦:約21cm
横:約15cm
厚さ:約1cm
参考価格1,650円
読書時間の目安約1時間
本のおすすめポイント
  • 臨床心理士にインタビューした内容を掲載
  • 仕事内容や1日のスケジュールなどがわかる
  • 資格の取り方もわかりやすく解説されている

臨床心理士になりたい人は読んでおくと役立つ

『臨床心理士の仕事図鑑』には、臨床心理士10人に対してインタビューした内容が紹介されています。現場のリアルの声をまとめた臨床心理学本です。

同じ臨床心理士でも、職場によって仕事内容が異なることがわかるので、参考になると思います。1日のスケジュールや、やりがいを感じる瞬間なども書かれており、実際の働き方をイメージしやすいでしょう。

また指定大学院のことや、大学院入試におすすめの臨床心理学本など、資格の取り方もわかりやすく説明されています。専門用語の解説や、具体的な事例の紹介などはありませんが、臨床心理士を目指している人には、おすすめできる一冊です。

臨床心理学(ベーシック現代心理学)

臨床心理学(ベーシック現代心理学)
編著坂野 雄二
菅野 純
佐藤 正二
佐藤 容子
出版社有斐閣
ページ数302ページ
大きさ縦:約21cm
横:約15cm
厚さ:約1.5cm
参考価格3,080円
読書時間の目安約4時間
本のおすすめポイント
  • 臨床心理学の考え方やアセスメント方法を紹介
  • 具体的な事例もあってイメージしやすい
  • 発達段階ごとの特徴的な症状も解説

臨床心理学のテキストとしても使える一冊

『ベーシック現代心理学 臨床心理学』は、臨床心理学の考え方や、アセスメント方法などをまとめた本です。教育学や心理学を専門とした、4人の教授が執筆しています。

臨床面接の進め方では、具体的な事例も紹介されていました。治療経過だけでなく、症状の考察・治療方針の決め方などが書かれているのも特徴です。

また思春期・青年期・成人期など、発達段階ごとに見られる特徴的な症状について、説明されているのも印象的でした。

個人的には、フロイト心理学のリビドー理論や防衛規制もわかりやすく解説されているよう思います。内容が古いとも感じなかったので、臨床心理学のテキストとしても使えるでしょう。

はじめての臨床心理学

はじめての臨床心理学
編著森谷 寛之
竹松 志乃
出版社北樹出版
ページ数240ページ
大きさ縦:約22cm
横:約15.5cm
厚さ:約2cm
参考価格2,750円
読書時間の目安約4時間
本のおすすめポイント
  • 9人の専門家が執筆を担当している
  • さまざまな心理検査・心理療法も解説
  • 臨床心理士の仕事についても紹介

臨床心理学の基本的な知識を学べるのが特徴

『はじめての臨床心理学』は、大学生や一般の人を対象にした、臨床心理学の入門書です。全部で7章に分かれており、9人の専門家が執筆を担当しています。

臨床心理学の歴史をはじめ、さまざまな心理検査・心理療法について解説されているのが特徴です。事例も適度にあるので、内容をイメージしやすいと思います。

また個人的には、エリクソンの発達段階の説明がわかりやすいと思いました。最後の章には、臨床心理士の仕事についても簡単に紹介されています。

内容は少し古いと感じましたが、基本的な知識を学べる臨床心理学本です。

臨床心理学のおすすめ本まとめ

今回は臨床心理学のおすすめ本を紹介しました。

臨床心理学は、医療・福祉・教育・司法・産業など、あらゆる場面で活用されています。なかには臨床心理士になることを目指して、本を探している人もいるでしょう。

ただし臨床心理学本によって、初心者向けの入門書から難しい専門書まで、さまざまな種類があります。そのため、自分の目的に合わせて選ぶことが大切です。

臨床心理学本を探すときには、ぜひここで紹介したおすすめを参考にしてみてください。

目次-クリックで該当箇所に移動-