アドラーの劣等感コンプレックスとは?意味や違いをわかりやすく解説

アドラーの劣等感コンプレックスとは

劣等感コンプレックスとは、「劣等感」と「コンプレックス」を組み合わせた言葉です。一般的には同じ意味だと認識されがちですが、心理学の世界では少し異なります。

そこで今回は、劣等感コンプレックスとは何か、意味をわかりやすくまとめました。劣等感と劣等感コンプレックスの違いや、克服方法についても簡単に紹介しています。

また劣等感コンプレックスの例も解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

目次-クリックで該当箇所に移動-

劣等感コンプレックスとは?意味をわかりやすく解説

そもそも劣等感コンプレックスとは、心理学者のアルフレッド・アドラーが提唱した概念です。自分が他者より劣っていると感じながら、そうと認めないことを表します。

【劣等感コンプレックスとは】
自分が他者より劣っていると感じながら、それを認めないこと。すべての人は何らかの劣等感をもち、それを補償しようとして「権力への欲求」が働くとした。

そしてアドラーは、人間にとって根源的な欲望は「権力への欲求」であると考えます。このアドラーの考えは理解しやすく、多くの人に受け入れられました。

特にフロイトの性欲説に反発していた人から、評価されていたのが特徴です。フロイトは人間の根源的な欲望が「性欲」だと考えますが、アドラーはこれを批判して、自説を主張しました。

アドラーは劣等感を「器官劣等」から考えた

アドラーは最初、身体的な原因から劣等感を説明しようとします。人間は誰しも劣等的な器官を持っており、それを補償して、優越性を求めるような働きが生じるという考えです(器官劣等)。

たとえば体内に2つある腎臓のうち、ひとつが欠損すると、もうひとつが強力になって機能を補おうとすることがあります。また欠損した腎臓そのものが、より強力になるケースもあるでしょう。

アドラーはこの身体的な現象を、心理的にも拡大して捉えます。人々は誰しも劣等性を持っており、それを補おうとして、権力を欲求するとしたのです。

しかし後年になると、アドラーは器官劣等の考えをあまり強調しなくなります。

劣等感コンプレックスの例を簡単に紹介!

ここでは劣等感コンプレックスの例を、簡単にまとめてみました。

【劣等感コンプレックスの例】
・知能が低いことに対する劣等感
・社会的地位が低いことに対する劣等感
・身体的障害があることに対する劣等感

兄弟姉妹がいる人は、成績や成長などを比較されたことがあるでしょう。また近所に住む同年代の人と、比べられた経験があるかもしれません。

ほかにも性別・人種・経済状況などで、不平等に扱われた際にも、劣等感コンプレックスを引き起こす可能性があります。

「劣等感」と「劣等感コンプレックス」の違い

劣等感と劣等感コンプレックスの違いは、「自分が劣等であると認めるか」にあります。

たとえば運動会で、自分は走るのが苦手だからと応援役になり、一緒に楽しく過ごす人がいるとします。これは劣等を認めていますが、劣等感コンプレックスは持っていません。

一方で「なんで俺がリレーの選手じゃないんだ」などと文句を言う人もいます。この場合は、自分の劣等を認められず、劣等感コンプレックスを持っていると考えられます。

劣等感コンプレックスには優越感も混在している

コンプレックスの和訳が「複合体」であるように、劣等感コンプレックスには、優越感も微妙に入り混じっています。

たとえば試合に出れなかった選手のなかには、「自分だったらミスしなかった」「本気を出せば自分でもできる」などと感じる人がいるかもしれません。

また自殺を図った人が、同じように悩む人を助けたいと思うケースもあります。このときも、死に追い込まれるほどの劣等感と、自分が救ってやるという優越感が共存していると考えられます。

このようなところも、劣等感・劣等感コンプレックスの違いです。

劣等感コンプレックスを克服するには?

劣等感コンプレックスを克服するための方法は、いくつかあります。

まずはシンプルに、何度も練習したり、勉強したりする方法です。苦手なことができるようになれば、自分の劣等性を感じなくて済むようになります。

一方で、自分の劣等性を認める方法もあります。自分が劣等だと認めることができれば、人間としての尊厳は失われないので、心も安定するでしょう。

しかし、自分の劣等性を認めることは大変なことです。なので、その辛さを理解してくれる人や、信頼できる人の存在が重要になります。

劣等感コンプレックスの意味・違い・克服方法まとめ

今回は劣等感コンプレックスとは何か、意味を簡単にまとめました。

【劣等感コンプレックスとは】
自分が他者より劣っていると感じながら、それを認めないこと。すべての人は何らかの劣等感をもち、それを補償しようとして「権力への欲求」が働くとした。

劣等感コンプレックスとは、心理学者のアドラーが提唱した考えで、人間がもつ「権力への欲求」を重視しています。

また克服するためには、「自分の劣等性を認められるか」がポイントです。心理学の世界では、劣等感との違いがあるので、意味の解釈には注意しましょう。

劣等性コンプレックスを勉強する際には、ぜひここで紹介した内容を参考にしてみてください。

劣等性コンプレックスの参考書籍

劣等性コンプレックスに関する書籍として、「コンプレックス」や「無意識の構造」などがあります。これは心理学者の河合隼雄による著書です。

どちらも200ページ程度の本で、わかりやすく簡潔にまとめられています。またフロイトとの対立も解説されているので、違いを理解しやすいでしょう。

より詳しく勉強するのであれば、アドラー心理学に関する書籍を選ぶのもおすすめです。

※参考書籍や参考文献をもとに、筆者の見解を踏まえて内容をまとめております。

※文章や画像を引用していただいても構いません。その際にはサイト名または記事タイトルを明記のうえ、当サイトへ飛べるようにURLの設置をお願いいたします。

目次-クリックで該当箇所に移動-