ソーンダイクの問題箱実験とは?猫を使った実験内容をわかりやすく解説

ソーンダイクの問題箱実験とは

ソーンダイクの問題箱実験とは、仕掛けのある箱に猫を入れて、動物の知能を調べようとした研究のことです。

これは「動物が学習できるのか」をテーマにした、最初期の研究でした。そしてソーンダイクの実験結果は、スキナーなどの心理学者にも影響を与えます。

ここではソーンダイクの問題箱実験について、猫を使った実験内容をまとめてみました。また結果に関係する学習理論についても解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

目次-クリックで該当箇所に移動-

ソーンダイクの問題箱実験とは?わかりやすく解説

そもそもソーンダイクの問題箱とは、アメリカの心理学者のエドワード・ソーンダイクが実験に用いた箱(パズルボックス)を表します。

問題箱の仕掛けはそれぞれ異なり、「レバーを押すとエサが出る」という簡単なものから、複雑な操作が必要なものまであったそうです。

【ソーンダイクの問題箱実験とは】
仕掛けのある箱に猫を繰り返し入れて、動物の知能を観察した実験。「動物が学習できるのか」を調べた最初期の研究である。

ソーンダイクの実験では、問題箱に猫を繰り返し入れて、その知能を観察しました。また犬や鳩でも、同じような研究をおこなっています。

この問題箱の実験から、ソーンダイクは「反応した結果によって動物の行動が変化すること」を発見します。そして研究結果は、オペラント条件づけを提唱したスキナーにも影響を与えました。

猫を使った問題箱の実験内容

ソーンダイクの実験で代表的なのは、「輪っかがついている紐を引くと扉が開く」という問題箱に、猫を入れて観察した研究です。箱の外には、エサが置いてありました。

問題箱に猫を入れると、最初はわずかな隙間を無理やり通ろうします。また脱出するために箱を噛んだり、引っ掻いたりもしたそうです。

しかし一度脱出してから、繰り返して同じ問題箱に入れられると、猫はすぐに輪っかを狙って引っ掻くようになります。その結果、脱出までにかかる時間が大幅に短縮されました。

日本行動分析学会のページでは、実験の様子を再現した動画を視聴できます。

猫は論理的に学習している?

問題箱を使った実験で、ソーンダイクは「動物が論理的思考を用いて学習するかはわからない」と結論づけます。

たとえば、輪を引いてすぐ脱出できるようになった猫を、別の問題箱に入れても実験しました。その箱に、輪の仕掛けはありませんでしたが、その猫はひたすら輪を引くような動作を続けたそうです。

また別の実験では、ソーンダイクが猫の手に輪をかけて引っ張らせます。それでも猫は仕掛けを理解できず、脱出方法を学習するまでに時間がかかったそうです。

ソーンダイクの実験結果に関係する学習理論

ソーンダイクは問題箱実験の結果から、動物の行動に関する学習理論を提唱しています。

ここでは「試行錯誤学習」と「効果の法則」について、簡単にまとめてみました。

試行錯誤学習

ソーンダイクは猫を使った問題箱実験で、脱出までにかかる時間を測定していました。そして実験を繰り返すと、猫の脱出時間が次第に減少することを発見します。

このような学習のことを、ソーンダイクは「試行錯誤学習」と呼んでいます。

効果の法則

たとえば「レバーを押すとエサが出る」ように、動物にとって満足な結果をもたらす反応は、生起しやすくなります。

一方で「レバーを押すと電気が流れる」ように、動物にとって不快な結果をもたらす反応は、生起しにくくなります。

ソーンダイクはこのように、刺激ー反応連合によって学習されることを説明し、これを「効果の法則」と呼びました。

ソーンダイクの問題箱実験の内容・結果まとめ

今回はソーンダイクの問題箱実験について、わかりやすくまとめてみました。

ソーンダイクの問題箱の内容は、以下の通りです。実験では猫を何度も問題箱に入れて、その知能を調べようとしました。

【ソーンダイクの問題箱実験とは】
仕掛けのある箱に猫を繰り返し入れて、動物の知能を観察した実験。「動物が学習できるのか」を調べた最初期の研究である。

この実験結果は、その後スキナーなどの心理学者にも影響を与えます。なので行動心理学を理解するうえでは、内容を確認しておくと良いでしょう。

ソーンダイクの問題箱実験について、理解を深めるためにも、ぜひここで解説した内容を参考にしてみてください。

ソーンダイクの問題箱実験の参考書籍

ソーンダイクの問題箱実験に関する書籍として、「学習の心理―行動のメカニズムを探る」や「パブロフの犬:実験でたどる心理学の歴史」などがあります。

これらの本では、猫を使ったソーンダイクの研究がまとめられています。またそれぞれの実験方法・実験結果も、簡単に紹介されていました。

そのため内容は、初心者でもわかりやすいでしょう。動物や人間における学習の仕組みを学びたい人は、ぜひ読んでみてください。

※参考書籍や参考文献をもとに、筆者の見解を踏まえて内容をまとめております。

※文章や画像を引用していただいても構いません。その際にはサイト名または記事タイトルを明記のうえ、当サイトへ飛べるようにURLの設置をお願いいたします。

目次-クリックで該当箇所に移動-