シェイピングとは?心理学の意味・方法・日常例をわかりやすく解説!

シェイピングとは

シェイピングとは、「段階的に新しい行動を形成する方法」のことです。行動療法のひとつでもあります。

そこで今回は、シェイピングとは何かを簡単にまとめてみました。心理学における意味、具体的な方法についても、簡単に解説しています。

日常で見られるシェイピングの例も多いので、仕組みを知っておくと役立つでしょう。ぜひここで紹介する内容を参考にしてみてください。

目次-クリックで該当箇所に移動-

シェイピングとは?意味をわかりやすく解説

そもそもシェイピングとは、「段階的に新しい行動を形成する方法」を意味する心理学用語です。反応形成・行動形成や、逐次接近法とも呼ばれています。

シェイピングでは達成しやすい課題を通して、スモールステップを踏みながら、目標行動を習得させます。

【シェイピングとは】
スモールステップを踏みながら、段階的に新しい行動を形成する方法のこと。反応形成・行動形成や、逐次接近法とも呼ばれる。

またシェイピングは、オペラント条件付けを原理した行動療法のひとつです。そのため、障害をもつ子どもの学習プログラムとしても用いられます。

シェイピングの方法を簡単に説明!

シェイピングの方法には、大きく分けて3つの手順があります。

まず1番最初に行うのは「目標行動の決定」です。最終的に習得させたい行動は、シェイピングを実践する前に、予め決めておきます。

2番目に行うのは「出発点の行動の決定」です。現在できる行動の中から、目的行動と関連性のある反応を選び、それを出発点とします。

そして3番目に行うのは「行動の分化強化」です。目標行動に近くなる反応だけを強化して、それ以外の反応を消去するようにします。

目標行動の決定最終的に習得させたい
行動を決める
出発点の決定現在できる行動の中から
出発点となる行動を選ぶ
行動の分化強化目標行動に近くなる
反応だけを強化する

日常で見られるシェイピングの例

たとえばシェイピングの方法を用いて、マスクを着けるという行動を、子どもに習得させるとしましょう。

まず最初に強化するのは、「マスクを持つ」という行動です。マスクを持つことができたら、報酬を与えて、その行動を強化します。

次のスモールステップでは、「マスクを口に近づける」という行動を目標にします。このとき、前段階の「マスクを持つ」だけでは、報酬を与えないようにしてください。

そして最終的には、「マスクを耳にかける」という行動を強化します。ここまでシェイピングがうまくいけば、マスクも着けられるようになっているはずです。

シェイピング以外の行動療法

シェイピングのほかにも、オペラント条件付けを原理とした行動療法はいくつかあります。

たとえばお金などのトークンを用いて、目的となる行動を習得させる「トークン・エコノミー法」です。一定量を集めると、報酬(好きなお菓子など)と交換できるようになっています。

また問題行動の多い子どもに対しては、「タイム・アウト法」もあります。これは大人の注意や周囲の注目が、強化子になっている場合に、それを取り除く方法です。

シェイピングの意味・方法・日常例まとめ

今回はシェイピングとは何か、わかりやすくまとめてみました。

シェイピングの意味は、以下のとおりです。オペラント条件付けを原理した、行動療法のひとつになります。

【シェイピングとは】
スモールステップを踏みながら、段階的に新しい行動を形成する方法のこと。反応形成・行動形成や、逐次接近法とも呼ばれる。

またシェイピングは、日常的にも使われることがあります。そのため方法を知っておくと、役立つ場面も多いでしょう。

シェイピングについて、理解を深めるためにも、ぜひここで紹介した内容を参考にしてみてください。

シェイピングの参考書籍

シェイピングに関する書籍として、「行動分析学入門」などがあります。

この本では、行動学習の仕組みが、具体例と一緒にわかりやすくまとめられています。その中に、シェイピングを用いた方法も解説されていました。

教科書のようにサイズは大きく、ページ数も多いので、しっかり勉強したい人向けです。気になる人は、ぜひ一度チェックしてみてください。

※参考書籍や参考文献をもとに、筆者の見解を踏まえて内容をまとめております。

※文章や画像を引用していただいても構いません。その際にはサイト名・タイトルを明記のうえ、該当記事へ飛べるようにURLの設置をお願いいたします(引用元表記のないリンクはお断りしております)。

目次-クリックで該当箇所に移動-