マズローの欲求5段階説とは?自己実現理論を階層ごとにわかりやすく解説

マズローの欲求5段階説とは

マズローの欲求5段階説とは、人間の欲求を5つの階層に分けた理論です。下から「生理的欲求」「安全の欲求」「社会的欲求」「承認の欲求」「自己実現の欲求」と並びます。

この理論は「人間は自己実現に向かって絶えず成長する」という仮定のもと、成り立っているのが前提です。そのため、自己実現理論とも呼ばれています。

マズローの欲求5段階説の階層

ここではマズローの欲求5段階説について、理論をわかりやすくまとめてみました。またマズローの晩年に発表された、6段階目の「自己超越欲求」についても触れています。

具体例を挙げながら、各階層ごとに解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

目次-クリックで該当箇所に移動-

マズローの欲求5段階説(自己実現理論)とは?

そもそもマズローの欲求5段階説とは、アメリカの心理学者アブラハム・マズローによって考案された理論です。人間の基本的な欲求が、5つの階層に分けられています。

マズローの理論では、階層が下になるほど、原始的で低次な欲求とされていました。そして低階層の欲求が満たされると、より高次の欲求を満たそうとする、人間性の心理をまとめています。

【マズローの欲求5段階説(自己実現理論)とは】
人間の欲求を、5つの階層に分けた理論。マズローは人間を「自己実現に向かって絶えず成長する生き物」とし、下から生理的欲求・安全の欲求・社会的欲求・承認の欲求・自己実現の欲求と階層化した。

またマズローの欲求5段階説は、モチベーションを高める場合や、人の世話をする場合にも役立ちます。そのため、経営や看護などの分野でも応用されているのが特徴です。

ちなみにマズローは、より高次な欲求に移行するために、現時点の欲求が100%満たされる必要はないとしています。

※一般的な人の場合で、生理的欲求の85%・安全の欲求の70%・社会的欲求の50%、自尊心の欲求の40%、自己実現の欲求の10%と言われています。

階層ごとの意味と具体例について

ここからはマズローの欲求5段階説について、階層ごとに内容を紹介します。具体例と一緒にまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

マズローの欲求階層人間の欲求
第1段階生理的欲求
第2段階安全の欲求
第3段階社会的欲求(所属と愛の欲求)
第4段階承認の欲求(尊敬の欲求)
第5段階自己実現の欲求

第1段階:生理的欲求

第1段階の生理的欲求とは、生命を維持するために必要とされる、本能的な欲求です。

マズローは生理的欲求について、「疑いの余地なく、あらゆる欲求の中でも最も優勢なもの」とまとめています。具体的な例は、食欲・睡眠欲・性欲などです。

一般的な動物が、このレベルを超えることはほとんどありません。しかし健康的な人間であれば、生理的欲求はすぐに満たされるので、より高次な「安全の欲求」を求めるでしょう。

第2段階:安全の欲求

安全の欲求とは、安心して暮らすことへの欲求や、身の危険を守ることへの欲求です。主に事故・災害などが起きたとき、病気にかかったときなどに現れます。

特に幼児の場合は、安全の欲求を求めようとする行動が顕著に見られます。一方で大人の場合は、危険や恐怖を対処する力が身についているため、安全の欲求は目立ちません。

ちなみに経済的な安全(保険・貯蓄など)や、哲学的思考の安定なども含まれます。たとえば「ランチで迷ったとき、いつもと同じものを選んでしまう」というのも、安全の欲求のひとつでしょう。

第3段階:社会的欲求(所属と愛の欲求)

社会的欲求とは、集団の一員でありたい・社会から必要とされたいという欲求です。人間がグループを作ったり、SNSを使ったりするのも、このような帰属意識を求めるためだと考えられます。

また社会的欲求に、愛情が含まれているところもポイントです。マズローは愛の欲求について、「与える愛と受ける愛の両方を含むことを見逃してはならない」としています。

生理的欲求・安全の欲求と違って、社会的欲求は、生命の危機に関わるものではありません。しかし欲求の満たされない状態が続くと、不安や孤独を感じやすくなるでしょう。

第4段階:承認の欲求(尊敬の欲求)

承認の欲求とは、誰かに認められたい・尊敬されたいという欲求です。マズローは承認の欲求について、「自分自身の評価」と「他者から受ける評価」の2つに分類しています。

自分自身の評価は、主に「強さ・達成・適切さ・熟達と能力・世の中に対して示す自信・独立と自由に対する願望」です。自信をつけたいなどの気持ちも含まれます。

一方で、他者から受ける評価の例として「評判・地位・名声・栄光・優越・注目・重要度」などがあります。高級車や高級時計を身につけて、他者にアピールしたいのも、承認欲求のひとつでしょう。

また承認の欲求は、今までの段階と違って、内面的な部分に向けられています。そして欲求は、満たされると自尊心が高まり、妨害されると劣等感・無力感を感じるのが特徴です。

第5段階:自己実現の欲求

第4段階までの欲求を満たしたとしても、自分に適していることを行わない限り、新たな不満が生じてしまいます。そこで現れるのが、「理想の自分になりたい」という自己実現の欲求です。

具体例として、メジャーデビューを目指す歌手・お笑い芸人などが挙げられます。アルバイトをしたり、食費を削ったりする状況でも、自己実現のために頑張るという話は聞いたことがあるでしょう。

ちなみに、5つの欲求すべてを満たした「自己実現者」には、以下の特徴が見られます。

【自己実現者の特徴15】
1、現実をより有効に知覚し,それとより快適な関係を保つこと
2、自己・他者・自然に対する受容
3、自発性,単純さ,自然さ
4、課題中心的
5、プライバシーの欲求からの超越性
6、文化と裏境からの独立・意志・能動的人問
7、認識が絶えず新鮮であること
8、至高なものに触れる神秘的体験
9、共同社会感情
10、心が広くて深い対人関係
11、民主主義的な性格構造
12、手段と目的、善悪の判断の区別
13、哲学的で悪意のないユーモアセンス
14、創造性
15、文化に組み込まれることに対する抵抗,文化の超越

マズローの欲求5段階説を分類ごとに解説

マズローの欲求5段階説の分類

マズローの欲求5段階説は、以下のような分類で考えることもできます。

人間の欲求を理解するうえで重要になるので、覚えておくと良いでしょう。

マズローの欲求の分類

・「物質的欲求」と「精神的欲求」
・「外的欲求」と「内的欲求」
・「欠乏欲求」と「成長欲求」

「物質的欲求」と「精神的欲求」

ものを手に入れることで満たされる欲求が「物質的欲求」です。マズローの欲求5段階説のうち、第1段階の生理的欲求・第2段階の安全の欲求が当てはまります。

それに対して、喜びや満足感など、精神的に満たされる欲求が「精神的欲求」です。これらは、第3段階よりも高次な欲求になります。

【物質的欲求】
食べ物が欲しい
家が欲しいなど
第1段階:生理的欲求
第2段階:安全の欲求
【精神的欲求】
必要とされたい
愛されたいなど
第3段階:社会的欲求
第4段階:承認の欲求
第5段階:自己実現の欲求

「外的欲求」と「内的欲求」

衣食住や社会との関わりなど、自分自身の外側(外部環境)を整えようとする欲求が「外的欲求」です。生理的欲求・安全の欲求・社会的欲求が当てはまります。

そしてこれらが満たされると、人間の欲求は内面に向きます。そのためマズローの欲求5段階説のうち、第4段階の承認欲求・第5段階の自己実現の欲求を満たそうとします。

【外的欲求】
衣食住の安全
友達を作りたいなど
第1段階:生理的欲求
第2段階:安全の欲求
第3段階:社会的欲求
【内的欲求】
目標を達成したい
自信をつけたいなど
第4段階:承認の欲求
第5段階:自己実現の欲求

「欠乏欲求」と「成長欲求」

第5段階に達しない欲求は、すべて「欠乏欲求」に分類されます。これは自分に足りないものを、他者や外部から得ようとする欲求です。

一方で欠乏欲求が満たされると、自分の可能性を追求することが動機になります。この段階は「成長欲求」と呼ばれています。

【欠乏欲求】
お金が欲しい
評価されたいなど
第1段階:生理的欲求
第2段階:安全の欲求
第3段階:社会的欲求
第4段階:承認の欲求
【成長欲求】
才能を伸ばしたい
夢を叶えたいなど
第5段階:自己実現の欲求

実は6段階?自己実現よりも高次な「自己超越欲求」

マズローの欲求階層説の6段階目「自己超越」

晩年のマズローは、自己実現よりもさらに高次な「自己超越」という段階があることを発表しました。具体的な例としては、寛容・慈善・弱者救済などです。

主に自分(利己)よりも、他者(利他)を優先しようとする心が当てはまります。ノーベル平和賞を受賞したマザーテレサは、自己超越の段階だったと考えることができるでしょう。

ちなみにこの6段階目に達しているのは、人口の2%程度と言われています。そのためマズローの欲求階層は、一般的に5段階で知られています。

マズローの欲求5段階説(自己実現理論)のまとめ

ここではマズローの欲求5段階説について、意味をわかりやすくまとめてみました。

マズローの欲求5段階説の説明は以下のとおりです。人間の欲求を5つの階層に分けたもので、自己実現理論とも呼ばれています。

【マズローの欲求5段階説(自己実現理論)とは】
人間の欲求を、5つの階層に分けた理論。マズローは人間を「自己実現に向かって絶えず成長する生き物」とし、下から生理的欲求・安全の欲求・社会的欲求・承認の欲求・自己実現の欲求と階層化した。

また自己実現の欲求よりも高次な欲求として、6段階目の「自己超越欲求」があると発表されています。正しく学ぶためにも、階層ごとの意味と具体例をしっかり確認しておきましょう。

マズローの欲求5段階説について理解を深めたい場合は、ぜひここで解説した内容を参考にしてみてください。

マズローの欲求5段階説の参考書籍

マズローの欲求5段階説に関する書籍として、「人間性の心理学」などがあります。

ページ数は多めですが、人間の基本的な欲求について詳しく解説されているのが特徴です。人間としての生き方とは何か、考えるきっかけにもなると思います。

より詳しくマズローの欲求5段階説を学びたい人は、ぜひチェックしてみてください。

マズローの欲求5段階説の参考文献

マズローの基本的欲求の階層図への原典からの新解釈

マズローの欲求階層理論とマーケティング・コンセプト

自己実現プロセス・モデル構築への一試論 – マズローの欲求五段階説から

※参考書籍や参考文献をもとに、筆者の見解を踏まえて内容をまとめております。

※文章や画像を引用していただいても構いません。その際にはサイト名または記事タイトルを明記のうえ、当サイトへ飛べるようにURLの設置をお願いいたします。

目次-クリックで該当箇所に移動-