それってストレス限界サインかも?ストレスが限界に達したときに出る症状

ストレス限界サインの症状

ストレス限界サインとは、ストレスの限界が近いときに現れる症状で、いわば「自分の体の危険信号」です。そのまま限界に達すると、体調を崩してしまいます。

そこで今回は、自分の身体・心・行動に現れるストレス限界サインをまとめてみました。ストレスの限界を越えると出る症状についても、一緒に説明しています。

特に最近、ストレスが溜まっていると感じる方は注意が必要です。ここではストレス限界サインに気づいたときの対処法も紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

目次-クリックで該当箇所に移動-

要チェック!ストレス限界サインの症状とは?

まずは自分のストレス限界サインを見つけるために、具体的な例をまとめてみました。身体・心・行動に現れる主な症状を解説しています。

すべての症状がストレス限界サインとは限りませんが、自分の体に異変が起こっていることは事実です。当てはまるものがないか、ぜひ一度チェックしてみてください。

身体:ストレス限界サインの症状

身体に出るストレス限界サインは、頭痛・肩こり・腹痛などがあります。また耳鳴りやめまいに悩まされたり、息苦しさを感じたりする場合もあります。

ただしストレスが原因ではなく、ほかの病気が関係しているとも考えられるので注意が必要です。症状がひどい場合や、なかなか治らない場合は、病院に行くことをおすすめします。

【身体のストレス限界サイン】
・頭痛
・肩こり
・腹痛
・腰痛
・耳鳴り
・めまい
・便秘
・下痢
・動悸
・高血圧
・蕁麻疹など

心:ストレス限界サインの症状

心のストレス限界サインには、不安・無気力・抑うつ状態などがあります。またイライラしたり、すぐ怒ったりする場合も、ストレスが溜まっている証拠です。

精神的な症状は痛みがないので、自覚していない方もいると考えられます。そのため、周りの人に言われて気づくというケースもあるでしょう。

【心のストレス限界サイン】
・何かと不安になる
・無気力状態
・抑うつ状態
・気分が不安定
・イライラする
・すぐ怒る
・涙が出る、突然泣く
・人付き合いが面倒など

行動:ストレス限界サインの症状

行動に出るストレス限界サインの具体例は、集中力が続かない・何度もミスをするなどです。またお酒やタバコの量が増えたり、過食・拒食を引き起こしたりする場合もあります。

そして人によっては、「私はダメな人間だ」などと自分を否定したり、自信をなくしたりするでしょう。日常生活に支障が出てしまう場合は、専門家に頼ることも重要です。

【行動のストレス限界サイン】
・集中力が続かない
・ミスが多くなる
・すぐ疲れる
・夜眠れない
・アルコール依存
・タバコの量が増える
・過食や拒食など

ストレスが限界に達したときに出る症状は人それぞれ

ここで紹介したストレス限界サインは、あくまでも一部に過ぎません。実際は人によって異なるため、判断しにくい部分もあります。

またストレスが限界に達したときに出る症状は、ひとつだと限らないので注意が必要です。心と身体の異変が、同時に起こることも考えられるでしょう。

ひとつひとつは小さなものでも、積み重なることで大きなストレスになります。気になる症状が出ているときは、一度ストレスが溜まっていないかを振り返ってみてください。

ストレスの限界を越えると大きな病気を引き起こす

ストレスの限界を越えると、より大きな病気を引き起こす可能性があります。たとえば胃潰瘍・突発性難聴・糖尿病などです。

またストレスで血圧が高くなり、脳梗塞・心筋梗塞・心不全になるケースも考えられます。このような症状は、命の危険に関わるため注意が必要でしょう。

さらにうつ病・自律神経失調症・適応障害など、精神的な病気にかかる場合もあります。このような状態になってしまうと、時間をかけて治さなければなりません。

そのためストレスの限界で倒れる前に、自分のストレス限界サインを見極めることが重要です。もしわからないときは、病院で診てもらうことも検討してみてください。

ストレス限界サインに気づいたときの対処法

もし自分のストレス限界サインに気づいたときは、まずストレスの発散・解消を心がけましょう。休息はもちろん、身近な人に相談したり、軽い運動をしたりするのもおすすめです。

またストレスの原因を探して、根本からの改善を目指すことも重要になります。ただし気持ちに余裕がないと、辛くなってしまう可能性があるので、無理しないようにしてください。

ストレス限界サインが出ている場合は、あなたが思っている以上に、ストレスが溜まっていると考えられます。ぜひこの機会に一度、自分のストレスについて見直してみましょう。

【まとめ】自分のストレス限界サインを正しく知ろう

今回はストレス限界サインの説明について、簡単にまとめてみました。

ストレス限界サインとは、ストレスの限界が近いときに現れる症状のことです。そして限界を超えると、病気のリスクもあるので、ストレスを感じている方は注意が必要でしょう。

まずは一度、自分の身体・心・行動にストレス限界サインが出ていないか、チェックしてみることをおすすめします。そして自分なりのストレス解消・発散を探してみてください。

ストレス限界サインの参考書籍・参考文献

厚生労働省「ストレスのサイン

日本成人病予防協会「ストレス状態の兆候

※参考書籍や参考文献をもとに、筆者の見解を踏まえて内容をまとめております。

※文章や画像を引用していただいても構いません。その際にはサイト名または記事タイトルを明記のうえ、当サイトへ飛べるようにURLの設置をお願いいたします。

目次-クリックで該当箇所に移動-