心理学の強化子とは?具体例・種類ごとの意味・使い方をわかりやすく解説

心理学の強化子とは

心理学の強化子(読み方:きょうかし)とは「行動の頻度を高める刺激」のことです。

たとえば「レバーを押すとエサが出てくる」という仕掛けを作ると、犬は頻繁にレバーを押すようになるでしょう。このときのエサが、強化子になります。

そこで今回は、心理学の強化子とは何かを簡単にまとめてみました。強化子の種類ごとに、意味もわかりやすく解説しています。

また強化子の使い方についても、具体例と一緒に紹介しています。オペラント条件づけなど、学習の仕組みを理解する際にも役立つので、ぜひ参考にしてみてください。

目次-クリックで該当箇所に移動-

心理学の強化子とは?意味をわかりやすく解説

そもそも強化子(reinforcer) とは、心理学の専門用語で、行動分析学や学習理論などで使われます。意味は「行動の頻度を高める刺激」のことです。

行動のあとに強化子を提示することで、その行動は強化されます。お手伝いをした子どもを褒めたり、お菓子をあげたりした結果、お手伝いの回数が増えるイメージです。

【強化子とは】
「行動の頻度を高める刺激」のこと。行動のあとに強化子を提示することで、その行動は強化される。

ここで重要なのは、「強化子を提示したあとの行動が変化しているか」ということです。もし行動が強化されていなければ、その刺激は強化子といえないので注意してください。

「強化」と「強化子」の違い

心理学における強化とは「行動の頻度が高まること(原理や手続き)」そのものを表しています。一方で強化子とは、「行動の頻度を高める刺激」のことです。

「強化子」と「強化」の違い

・子どもがお手伝いをする
→ご褒美でお菓子をもらえる
→お手伝いの回数が増える

このときお菓子は「強化子」となり、お手伝いをする行動が「強化」される。

強化子について正しく理解するためにも、混同しないようにしましょう。

強化子の種類とそれぞれの意味

強化子には無条件強化子、条件性強化子など、さまざまな種類があります。

ここでは強化子の種類ごとに、意味をまとめてみました。具体例と一緒に解説しているので、参考にしてみてください。

無条件性強化子(1次性強化子)

無条件性強化子(1次性強化子)とは、「生まれながら強化子としての機能を持っている刺激」のことです。

具体例としては、食べ物・飲み物などがあります。また電気ショックのように、恐怖や痛みを感じるものも、無条件性強化子に当てはまります。

【無条件強化子の具体例】
・お米、パン、お菓子
・水、ジュース、コーヒー
・電気ショックなど

条件性強化子(2次性強化刺激)

条件強化子とは、「経験によって強化子としての機能を持った刺激」のことです。

たとえばスキナー箱の実験のように、レバーを押してエサが出る仕組みを学習させると、ラットや鳩は頻繁にレバーを押すようになります。このとき、レバーは強化子の機能を持っています。

【条件強化子の具体例】
・おもちゃ
・褒め言葉
・ベルの音

関連記事:スキナー箱の実験とは

般性強化子

条件強化子のなかでも、複数の強化子と結びついているものを般性強化子といいます。

代表的な例として、よく挙げられるのがお金です。お金は好きな洋服・好きなゲームなど、さまざまなものと交換できる般性強化子だといえます。

般性強化子の具体例】
・お金
・ポイント
・スタンプカードなど

強化子の具体例・使い方を簡単に解説!

行動の頻度が高まるといっても、ある刺激が出現することで強化される場合もあれば、消失することで強化される場合もあります。

なのでここからは、強化子の使い方をわかりやすく解説します。具体例と一緒にまとめているので、間違わないようにしっかり確認しておきましょう。

正の強化子:出現することで行動の頻度を高める刺激

ある刺激が出現することで、行動の頻度が高まる場合、その刺激は「正の強化子」です。

たとえば疲れているときにエナジードリンクを飲んで、すぐに元気が出たとしましょう。その結果、疲れるたびに飲むようになったら、エナジードリンクは正の強化子だといえます。

またうるさい子どもを注意して、より騒ぐようになった結果、叱ることが正の強化子になっているかもしれません。これは騒ぐことで親の注目を得られて、行動が強化されたためです。

負の強化子:消失(延期)することで行動の頻度を高める刺激

ある刺激が消失することで、行動の頻度が高まる場合、その刺激は「負の強化子」といいます。

たとえば肩こりや腰痛がひどいときに、マッサージを継続して受ければ、その痛みは治まるでしょう。このとき、マッサージという刺激が、負の強化子になっています。

また予防目的で、完治後もマッサージに通い続けるかもしれません。このように、ある反応の出現が延期されることで、行動の頻度が増えるケースもあります。

心理学の強化子の種類・具体例・使い方まとめ

ここでは心理学の強化子について、具体例と一緒にわかりやすくまとめてみました。

強化子の意味は以下のとおりです。行動のあとに強化子を提示することで、その行動は強化されます。

【強化子とは】
「行動の頻度を高める刺激」のこと。行動のあとに強化子を提示することで、その行動は強化される。

そして強化子には、無条件性強化子・条件性強化子・般性強化子などの種類があります。使い方もそれぞれ異なるので、混乱しないように注意しましょう。

強化子の意味について、理解を深めるためにも、ぜひここで解説した内容を参考にしてみてください。

関連記事:心理学の強化とは

強化子に関する参考書籍

強化子に関する書籍として、「行動分析学入門」などがあります。

この本では、行動が強化された例・弱化された例がまとめられています。強化子の代わりに、好子・嫌子という言葉が使われていますが、仕組みはわかりやすいのでおすすめです。

教科書のようにサイズは大きく、ページ数も多いので、しっかり勉強したい人向けだといえます。オペラント条件づけなど、学習の仕組みを理解する際には、参考にしてみてください。

強化子に関する参考文献

強化研究の展開と展望

自由オペラント法の基本的強化スケジュールに相当する離散試行型選択法の強化スケジュールについて

※参考書籍や参考文献をもとに、筆者の見解を踏まえて内容をまとめております。

※文章や画像を引用していただいても構いません。その際にはサイト名を明記のうえ、当サイトへ飛べるようにURLの設置をお願いいたします。

目次-クリックで該当箇所に移動-