心理学の強化とは?正の強化・負の強化などの具体例もわかりやすく解説

心理学の正の強化・負の強化とは

心理学における強化とは、「行動の頻度が高まること」を意味する用語です。正の強化・負の強化など、行動が強化する仕組みを説明するときに使われます。

しかし具体例がないと、意味を間違えやすいので注意が必要です。そこで今回は、心理学の強化とは何かを、わかりやすくまとめてみました。

また正の強化・負の強化についても、具体的な行動例で簡単に解説しています。オペラント条件づけなど、学習の仕組みを理解する際にも役立つので、ぜひ参考にしてみてください。

目次-クリックで該当箇所に移動-

心理学の強化とは?意味をわかりやすく解説

そもそも心理学の場合、強化とは行動分析学や学習理論などで使われます。意味は「行動の頻度が高まること」で、行動が起こりやすくなる原理・手続きを表す用語です。

強化の研究では、「ある刺激を提示した結果、行動が強化されているか」を調べます。そしてこのとき、行動を強化した刺激のことを「強化子」といいます。

【強化とは】
「行動の頻度を高めること」そのものを意味する。強化子が提示された結果、行動の頻度が高まっていれば、その行動は強化されたといえる。

ちなみに、強化の対象はあくまでも「行動」になっています。人や動物そのものを強化しているわけではないので、注意してください。

強化の具体例(正の強化・負の強化)

行動の頻度が高まるといっても、「報酬をもらえる」ことで強化される場合もあれば、「不快を取り除ける」ことで強化される場合もあります。

なのでここからは、行動の強化について、具体例と一緒に解説します。

正の強化:報酬をもらえることで行動が増える

報酬をもらえることにより、行動の頻度が高まる場合は、正の強化といいます。

たとえば行動した後にほめてもらえたり、何かを手に入れられたりすると、その行動を起こしやすくなります。

【正の強化の具体例】
・電車で席を譲ったら感謝された
・化粧水をつけたら肌が保湿された
・お手伝いをしたらお小遣いをもらえた

直前行動直後
感謝なし席を譲る感謝あり
保湿なし化粧水をつける保湿あり
お小遣いなしお手伝いをするお小遣いあり

負の強化:不快を取り除けることで行動が増える

一方で不快を避けられることにより、行動の頻度が上がる場合は、負の強化といいます。

「負=行動が弱まる」とイメージする人も多いので、間違わないように注意しましょう。

【正の強化の具体例】
・寒いのでコタツをつけたら温かくなった
・眠いのでコーヒーを飲んだら目が覚めた
・雨で濡れるので傘をさしたら濡れなくなった

直前行動直後
寒さありコタツに手を入れる寒さなし
眠いコーヒーを飲む眠くない
濡れる傘をさす濡れない

参考:強化と罰の違いを簡単に解説

行動の頻度が増えるのが「強化」である一方、行動の頻度が減ってしまうのは「罰」といいます。そして罰にも、正の罰と負の罰があります。

嫌悪的な刺激を提示して、行動の頻度が減るのは正の罰です。報酬をもらえなくなり、行動の頻度が減るのは負の罰になります。

心理学において、強化と罰は混同しやすく注意が必要です。行動が増えるのか減るのかを、正しく理解するようにしましょう。

内容行動の増減
正の強化報酬をもらえる行動↑
負の強化不快を取り除ける行動↑
正の罰嫌悪刺激がある行動↓
負の罰報酬がなくなる行動↓

強化の別名について(好子・嫌子)

心理学のテキストによっては、強化の仕組みを説明するために、「好子・嫌子」という言葉が使われるケースもあります。

これは先ほどもお伝えしたように、「負=行動が弱まる」とイメージする人が多いため、わかりやすくすることを目的にしています。意味は以下のとおりです。

別名行動の増減
正の強化好子出現による強化行動↑
負の強化機子消失による強化行動↑
正の罰嫌子出現による弱化行動↓
負の罰好子消失による弱化行動↓

心理学の正の強化・負の強化まとめ

ここでは心理学の強化とは何か、具体例でわかりやすくまとめてみました。

心理学における強化の意味は、以下のとおりです。正の強化・負の強化など、行動が強化する仕組みを説明するときに使われます。

【強化とは】
「行動の頻度を高めること」そのものを表す。強化子が提示された結果、行動の頻度が高まっていれば、その行動は強化されたといえる。

そして強化の意味は混同しやすいので、具体例と一緒に覚えるのがおすすめです。オペラント条件づけなど、学習の仕組みを理解する際に役立つでしょう。

心理学の強化について、理解を深めるためにも、ぜひここで解説した内容を参考にしてみてください。

関連記事:心理学の強化子とは

強化に関する参考書籍

強化に関する書籍として、「行動分析学入門」などがあります。

この本では、正の強化・負の強化の仕組みが、具体例と一緒にまとめられています。強化の代わりに、好子・嫌子という言葉が使われていますが、仕組みはわかりやすいのでおすすめです。

教科書のようにサイズは大きく、ページ数も多いので、しっかり勉強したい人向けだといえます。気になる人は、ぜひ一度チェックしてみてください。

強化に関する参考文献

強化研究の展開と展望

自由オペラント法の基本的強化スケジュールに相当する離散試行型選択法の強化スケジュールについて

※参考書籍や参考文献をもとに、筆者の見解を踏まえて内容をまとめております。

※文章や画像を引用していただいても構いません。その際にはサイト名を明記のうえ、当サイトへ飛べるようにURLの設置をお願いいたします。

目次-クリックで該当箇所に移動-