女性特有のストレスに要注意!原因・症状・解消法をわかりやすく解説

女性のストレス

女性のストレスの原因は、仕事・家事・育児・更年期・介護などさまざまです。それに加えてホルモンバランスが乱れると、女性特有の症状も現れます。

そこで今回は、女性のストレスの原因・症状を簡単にまとめてみました。女性におすすめのストレス解消法についても、一緒に紹介しています。

特に女性は、ストレスに晒される機会が多いと考えられるので注意が必要です。最近ストレスを感じている女性は、ぜひ参考にしてみてください。

目次-クリックで該当箇所に移動-

女性はストレスが多い?ストレスを感じる原因

女性は妊娠や出産など、ライフスタイルが大きく変化します。それに伴って、ストレスを抱えている女性も多いと考えられます。

そのためまずは、女性がストレスを感じる原因についてまとめてみました。年齢別に20代〜30代の女性と、40代〜50代の女性にわけています。

20代〜30代の女性によくあるストレス

20代〜30代の女性は、主に仕事や人間関係のストレスを感じています。特に男性の多い職場だと気を遣ったり、話が合わなかったりして、イライラすることもあるでしょう。

また20代〜30代の間で、結婚・妊娠・出産を迎える女性もいると思います。その結果、身体的・精神的な負担が大きくなる分、男性よりも強くストレスを感じるかもしれません。

ちなみに過度なダイエットが原因で、ストレス症状が現れる女性もいます。

40代〜50代の女性によくあるストレス

40代〜50代は、育児が落ち着いてくる一方で、親の介護が必要になる時期です。そのため、介護ストレスを抱えている女性も増えてきます。

また40代〜50代になると、自分自身が更年期で悩むこともあるでしょう。女性ホルモンのバランスが乱れやすく、ストレスも感じやすいので注意が必要です。

女性はストレスでどんな症状が出る?

一般的にストレスが溜まると、体に異変が見られます。頭痛・肩こり・腰痛がひどくなる、お通じが悪くなるなど、女性によってストレスの症状はさまざまです。

また突然涙が出てきたり、生理周期と関係なく不安定になったりするときもあります。このような身体的・精神的な症状は、ストレス溜まっている証拠だといえるでしょう。

ストレスの限界サインについては、別のページでより詳しくまとめているので、気になる女性はチェックしておくことをおすすめします。

女性に見られるストレスストレスの症状例
身体的な症状頭痛、肩こり、便秘や下痢、めまいなど
精神的な症状不安になる、涙が出る、抑うつ状態など

それってストレス限界サインかも?ストレスが限界に達したときに出る症状

ストレスで女性ホルモンのバランスが乱れることも

女性の場合はストレスが原因で、ホルモンバランスが乱れることもあります。その結果、生理不順になったり、月経前症候群(PMS)がひどくなったりする人もいます。

また肌が荒れやすくなった、急に抜け毛が増えた、なんてこともあるでしょう。これらの症状も、ストレスによる女性ホルモンの乱れが原因だと考えられます。

そのため、いつもと違うと感じたときは注意が必要です。日常生活に支障が生じるレベルであれば、婦人科を受診することも検討してみてください。

【女性特有のストレスの症状】
・生理不順
・生理が止まる
・生理痛が重くなる
・月経前症候群(PMS)が辛い

女性におすすめのストレス解消法は?

ストレス解消法として、女性に意識してほしいのは「身体を温めること」です。血行が良くなると、自律神経のバランスが整うだけでなく、生理も落ち着きやすくなります。

精神が安定して、少しでも生理が楽になれば、体の負担は軽くなるでしょう。そのためお風呂にゆっくり浸かったり、軽い運動・ストレッチ・ヨガなどもおすすめです。

そしてストレスが溜まっているときは、食事や睡眠も重要になります。ついストレスを発散するために、不規則な生活をしがちですが、心と身体をしっかり休ませてあげてください。

女性のストレスの原因・症状・解消法まとめ

今回は女性のストレスの原因・症状・解消法についてまとめてみました。

女性はライフスタイルの変化が大きく、ストレスに晒される機会も多いと考えられます。身体的・精神的な症状だけでなく、ホルモンバランスも乱れやすくなるので注意が必要です。

そのためストレスを解消したいときは、日々の生活を見直しつつ、身体を温めることを意識すると良いでしょう。具体的には、お風呂・軽い運動・ストレッチ・ヨガなどです。

ストレスで悩んでいる女性は、ぜひここで紹介した内容を参考にしてみてください。

参考書籍・参考文献

・経済産業省「健康経営における女性の健康の取り組みについて

成人女性におけるストレスと抑うつとの関連

40~50代女性の「疲れ」と解消法

※参考書籍や参考文献をもとに、筆者の見解を踏まえて内容をまとめております。

※文章や画像を引用していただいても構いません。その際にはサイト名または記事タイトルを明記のうえ、当サイトへ飛べるようにURLの設置をお願いいたします。

目次-クリックで該当箇所に移動-