アサーショントレーニングとは?方法・メリット・具体的な実践例まとめ

アサーショントレーニングの方法とは

アサーショントレーニングとは、「自分も相手も大切にした自己表現」を鍛える方法です。ロールプレイをはじめ、簡単にできる実践方法はたくさんあります。

そこで今回は、アサーショントレーニングの方法を、わかりやすくまとめてみました。期待できる効果やメリットについても、簡単に紹介しています。

アサーショントレーニングの実践例もいくつか解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

目次-クリックで該当箇所に移動-

アサーショントレーニングとは?

そもそもアサーショントレーニングとは、英語の「assertion(主張・断言)」からきています。「自分も相手も大切にした自己表現」を鍛えるための方法です。

もともとは、行動療法のひとつとして認知されていました。現在では幅広く活用されており、重要なコミュニケーションスキルとしても注目されています。

そのためアサーショントレーニングは、人間関係を築くときにも役立つのが特徴です。医療・看護の現場をはじめ、学校や職場など、さまざまな場所で研修が行われています。

アサーショントレーニングにおける3つのタイプ

人間の自己表現のタイプは、3タイプに分けられると言われています。このうち非主張型と攻撃型は、考え方が自分と相手のどちらかに偏っています。

一方でアサーティブは、自分と相手どちらも大切にするという考え方です。アサーショントレーニングでは、このアサーティブを目指すことになります。

非主張型
(ノン・アサーティブ)
自分よりも他者を優先する
・自己否定的
・言いたくても我慢する
・引っ込み思案など
攻撃型
(アグレッシブ)
自分のことだけを考える
・相手を見下す
・話を聞かない
・いきなり怒鳴るなど
アサーティブ自分も相手も大切にできる
・自分に責任をもつ
・話をちゃんと聞く
・相手に歩み寄るなど

アサーショントレーニングのメリット

ここからは、アサーショントレーニングのメリットについて解説します。今回は5つのポイントにまとめてみました。

アサーショントレーニングをする前に、一度確認してみてください。

1、自分に対して正直になれる

アサーショントレーニングをすると、自分に対して正直になれます。これは自己開示を通して、自分が思っていること・考えていることを理解しやすくなるためです。

その結果「〜したい」という欲求を、無理に抑制することがなくなります。また相手に「〜してほしい」と、素直に頼むこともできるでしょう。

2、周囲や結果が気にならなくなる

アサーティブになれば、相手を恐れたり、顔色をうかがったりすることがなくなります。我慢してイライラする気持ちも抑えられるでしょう。

また行動した結果も、あまり気にならなくなります。自分の価値観に沿って自己表現をしただけなので、自分を責める必要や、ほかの人と比較する必要がないのです。

3、自分も他人も大切にできる

アサーショントレーニングの重要な考え方のひとつに、アサーション権があります。これは「誰もがアサーションする権利を持っている」というものです。

具体的なアサーション権の内容は、以下のとおりです。これを理解することで、自分も相手も尊重し、大切にできます。

アサーション権の内容

・私たちは誰からも尊重され、大切にされる権利がある
・私たちは誰もが自分の行動を決め、その結果に責任をもつ権利がある
・私たちは誰でも過ちをし、それに責任をもつ権利がある
・私たちには、支払いに見合ったものを得る権利がある
・私たちには、自己主張をしない権利もある

4、考え方が柔軟になる

アサーショントレーニングをすると、自分のアサーティブではない考え方にも気づくでしょう。具体的には「〜してはいけない」「〜すべきだ」などです。

このような固定概念がなくなれば、自己表現や行動が制限されることもなくなるでしょう。その結果、考え方もより柔軟になります。

5、自信を持ってコミュニケーションができる

自他を尊重するアサーションスキルは、人間関係を築くためにも重要です。家庭・学校・職場など、さまざまな場面で活かすことができます。

そのためアサーショントレーニングを行えば、自信を持ってコミュニケーションができるようになるでしょう。自己表現を恐れることもなくなります。

具体的なアサーショントレーニングの実践方法とは

ここからはアサーショントレーニングの実践方法として、ロールプレイ・DESC法・アイメッセージをまとめてみました。

アサーショントレーニングのなかには、簡単にできる方法も多いので、ぜひチェックしてみてください。

ロールプレイを実践する方法

アサーショントレーニングのなかでも代表的なのが、ロールプレイを行う実践方法です。自分が話す役になる場合もあれば、相手役になる場合もあります。

ロールプレイでは、自分が非主張型・攻撃型になってしまう場面を想定します。それを繰り返し練習することで、新しい自己表現方法を見つけるのが目的です。

アサーショントレーニングを実践する際には、考え方だけでなく、言語・非言語も意識してください。そうすることで、相手に対して適切な自己表現ができます。

考え方の
アサーション
・自分から積極的に話す
・相手の話もしっかり聞く
・アサーション権を意識する
言語的
アサーション
・自分のことを相手に伝える
・話題やテーマを変えてみる
・開かれた質問と閉ざされた質問
非言語的
アサーション
・目線や表情に気をつける
・声の大きさを意識する
・聞きやすいスピードで話す

DESC法を利用する方法

DESC法とは、自己表現の方法を4つのステップに分けたものです。順番に台詞を組み立てることで、簡単にアサーティブな表現ができます。

ちなみにDとEは、混同しやすいので注意が必要です。Dの段階では事実・状況などの「見たこと」を伝え、Eの段階で自分が「感じたこと」を主張します。

また親しい人間関係であれば、DESCすべてを伝えなくても良いでしょう。表現に困ったときやトレーニングでつまずいたときは、少し時間をかけて、台詞を考えてみてください。

D=Describe
描写する
・ここは喫煙席に近いので
煙が流れてきますね。
E=Express
表現する
・私は煙が苦手で、
喉が痛くなってきました。
・あなたはタバコを
吸いたくなったかもしれませんね。
S=Specify
明確な提案をする
・そろそろお店を出て
ほかの場所に移動しませんか
C=Choose
選択する
・そうすれば私は助かりますし、
あなたも誘惑から逃れられます。
・もしタバコを吸いたければ
一服してからお店を出ませんか。

「アイメッセージ」を意識する方法

アイメッセージとは、「私」を主語にした表現方法です。アイメッセージを意識しながら話すと、自分の気持ちが明確になります。

また言葉の表現をやわらかくする目的もあります。そのため相手を否定したり、傷つけたりせず、自分の気持ちを伝えられるでしょう。

ちなみに「あなた」を主語にしたユーメッセージになると、言葉の表現がキツくなります。相手も尊重するアサーションとは、かけ離れてしまうので注意が必要です。

アイ
メッセージ
(私は)そんな言い方をされると悲しい
(私は)連絡してもらえると嬉しい
(私は)違う方法を試すのもいいと思う
ユー
メッセージ
(あなたは)そんな言い方をするな
(あなたは)早く連絡すべきだ
(あなたは)違う方法でやりなさい

アサーショントレーニングの実践例

ここではアサーショントレーニングを実践するために、いくつか例題をあげてみました。まずはどのような行動がアサーティブなのか、考えてみてください。

たとえばレジで並んでいたとき、ほかの人が横から割り込んできたとします。アサーティブな人と、そうではない人では、どのような違いがあるでしょうか。

非主張型【相手に何もいえない】
・自分が我慢すればいいや。
・逆ギレされたらめんどくさい。
攻撃型【相手に怒鳴りつける】
・いきなり割り込むなよ!
・並んでいるのがわからないか!
アサーティブ【丁寧かつ正直に伝える】
・すみません私も並んでいます。
・順番は守ってもらえますか?

また自分の仕事が終わらなくて忙しいにも関わらず、後輩から質問されたとします。そんなときでも、アサーティブな対応ができるでしょうか。

非主張型【後輩に何もいえない】
・忙しいけど答えなきゃ。
・悪口言われても嫌だし。
攻撃型【話を聞かずに怒鳴りつける】
・うるさい自分で考えろ!
・忙しいとき話しかけるな!
アサーティブ【自分の気持ちも主張する】
・ごめん今は仕事が忙しくて。
・急ぎでなければ待ってほしい。

このようなアサーショントレーニングをするだけでも、アサーティブな考え方に気がつくと思います。ぜひさまざまな場面を想定しながら、実践してみてください。

アサーショントレーニングの方法まとめ

今回はアサーショントレーニングについて、わかりやすくまとめてみました。

アサーショントレーニングとは、「自分も相手も大切にした自己表現」を鍛える方法です。実践すれば、自信を持ってコミュニケーションができるようになります。

具体的にはロールプレイ・DESC法・アイメッセージなどで、事例もたくさんあります。アサーショントレーニングは、簡単にできる方法が多いので、ぜひ一度試してみてください。

関連記事:アサーションとは

関連記事:アサーション・アサーティブ本のおすすめ

アサーショントレーニングの参考書籍

改訂版 アサーション・トレーニング

アサーショントレーニングに関する書籍として、「アサーション・トレーニング」などがあります。

これは日本にアサーションを広めた、平木典子が著者になっています。簡単なアサーション診断もあるので、実際に試してみると良いでしょう。

本の内容も200ページ程度で、比較的読みやすいと思います。初心者にもおすすめできるので、ぜひ一度チェックしてみてください。

アサーショントレーニングの参考文献・組織

※参考書籍や参考文献をもとに、筆者の見解を踏まえて内容をまとめております。

※文章や画像を引用していただいても構いません。その際にはサイト名・タイトルを明記のうえ、該当記事へ飛べるようにURLの設置をお願いいたします(引用元表記のないリンクはお断りしております)。

目次-クリックで該当箇所に移動-