トークン・エコノミー法とは?具体例やメリット・デメリットを簡単に解説

トークン・エコノミー法とは

トークン・エコノミー法とは、お金などのトークンを用いて、目的となる行動を習得させる方法です。主に子どもを対象とします。

そこで今回は、トークン・エコノミー法とは何か、心理学の仕組みを簡単にまとめてみました。具体例と一緒に、わかりやすく解説しています。

またトークン・エコノミー法の、メリットとデメリットにも触れているので、ぜひ参考にしてみてください。

目次-クリックで該当箇所に移動-

トークン・エコノミー法とは?意味をわかりやすく解説

そもそもトークン・エコノミー法とは、行動療法のひとつです。トークンを用いて、目的となる行動の習得を目指します。

このトークンの代表例は、お金・ポイント・スタンプ・シールなどです。そして一定量を集めると、報酬(好きなお菓子など)と交換できる仕組みになっています。

【トークン・エコノミー法とは】
お金などのトークンを用いて、目的となる行動を習得させる方法。行動療法のひとつ。

トークン・エコノミー法の対象は、子どもの場合がほとんどです。また発達障害などをもっている場合にも、用いられることがあります。

トークン・エコノミー法の具体例

たとえばトークン・エコノミー法を用いて、子どもに食後の歯磨きを習得させるとしましょう。

まず歯磨きをしたら、シールがもらえることを教えます。そしてシールを集めると、好きなお菓子などをもらえるようにして、歯磨きという行動を習得させるわけです。

ちなみにトークンを用いた方法は、経済やマーケティングの分野でも注目されています。仮想通貨・暗号資産なども、トークンのひとつの例だといえるでしょう。

トークン・エコノミー法のメリットやデメリット

トークン・エコノミー法は、目的となる行動を習得させたいときに役立つ方法です。子どもはもちろん、発達障害などを持っている場合でも、用いられるメリットがあります。

しかし難易度が高すぎると、途中で諦めてしまう場合もあり、報酬が興味のないものだと意味はありません。また内発的動機づけを高める機会も、奪ってしまう可能性もあります。

そのためトークン・エコノミー法に頼りすぎると、「報酬がないと取り組まない」なんてことも考えられるでしょう(アンダーマイニング効果)。

つまりトークン・エコノミー法は、子どもの成長に合わせて上手に用いることが重要です。

トークン・エコノミー法以外の行動療法

トークン・エコノミー法のほかにも、オペラント条件付けを原理とした行動療法はいくつかあります。

たとえば、行動の習得が難しい場合に用いる「シェイピング」です。達成しやすい課題を通して、スモールステップを踏みながら、段階的に習得を目指します。

また問題行動の多い子どもに対しては、「タイム・アウト法」もあります。これは大人の注意や周囲の注目が、強化子になっている場合に、それを取り除く方法です。

トークン・エコノミー法の特徴や具体例まとめ

今回はトークン・エコノミー法について、わかりやすくまとめてみました。

トークン・エコノミー法の意味は、以下のとおりです。行動療法のひとつで、子どもに用いられる例が多くあります。

【トークン・エコノミー法とは】
お金などのトークンを用いて、目的となる行動を習得させる方法。行動療法のひとつ。

トークン・エコノミー法は、目的となる行動を習得させたいときに役立ちます。しかしデメリットもあるので、注意が必要です。

トークン・エコノミー法について、理解を深めるためにも、ぜひここで紹介した内容を参考にしてみてください。

トークン・エコノミー法の参考書籍

トークン・エコノミー法に関する書籍として、「行動分析学入門」などがあります。

この本では、行動学習の仕組みが、具体例と一緒にわかりやすくまとめられています。その中に、トークンを用いた実験例も解説されていました。

教科書のようにサイズは大きく、ページ数も多いので、しっかり勉強したい人向けです。気になる人は、ぜひ一度チェックしてみてください。

※参考書籍や参考文献をもとに、筆者の見解を踏まえて内容をまとめております。

※文章や画像を引用していただいても構いません。その際にはサイト名を明記のうえ、当サイトへ飛べるようにURLの設置をお願いいたします。

目次-クリックで該当箇所に移動-